トリキュラーは低用量ピルとして多くの女性の悩みを解決することができますが、ピルは消耗品なのでその度に病院まで行かなくてはなりません。毎回病院に行って処方してもらうのは手間だと思いませんか?トリキュラーは通販で簡単に購入することができるので、自宅にいてもトリキュラーを購入することができます。手間を省けるので非常にオススメな購入方法になります。

考えている女性

望まない妊娠を防ぐためには、女性の側と男性の側双方から協力するということが欠かせません。
トリキュラーは水で飲むタイプの避妊薬、いわゆる経口避妊薬の一つになります。

女性はこの薬を飲むことで妊娠しにくい身体になるため、人生にとって重要な問題である妊娠を自分の力でコントロールすることができます。

トリキュラーには2種類の薬、トリキュラー21とトリキュラー28があり、それぞれクリニックで処方してもらえるほか、ネット通販でも購入することができます。

トリキュラーってなに?

トリキュラーは経口避妊薬であり、低用量ピルの一種になります。
この薬を続けて飲んでいくことで、女性は妊娠しにくい身体になり、望まない妊娠を防ぐことができます。

トリキュラーを飲めばその後ずっと妊娠しない身体になるというわけではなく、服用を止めればいつでも妊娠できる身体へともどすことができます。
また、飲みつづけていればそのあいだはずっと避妊効果が得られるため、急なアクシデントなどで避妊が難しい場合にも備えておけます。

トリキュラーの有効成分としては、2種類の女性ホルモンが配合されています。
卵胞ホルモンの一種であるエチニルエストラジオールと、黄体ホルモンの一種であるレボノルゲストレルです。
レボノルゲストレルというのは第2世代の黄体ホルモンで、黄体ホルモンのなかではやや作用が強く、男性ホルモンに似た働きも持っています。
これらのホルモンがバランスよく機能することによって、女性は妊娠しにくい体質になっていくことになります。

トリキュラーの作用機序としては、主に3つの働きがあります。
まず、トリキュラーを飲むことによって排卵が起こらなくなります。
これは、有効成分である女性ホルモンが脳の下垂体に働きかけて、性腺刺激ホルモンの分泌を抑制するためです。
そのため、卵巣の中にある卵胞(卵子をふくむかたまり)の成長が抑えられることになり、排卵が起きなくなるのです。

また、トリキュラーにふくまれている黄体ホルモンの働きによって、子宮内膜の状態も変化することになります。
黄体ホルモンは、子宮内膜の増殖をおさえる効果を持っているため、子宮内膜がだんだんに薄くなり、受精卵が着床しにくくなるのです。
もう一つの作用機序としては、トリキュラーは子宮の入口部分にあたる子宮頚管の粘液の状態を変化させます。
子宮頚管粘液の粘度が高くなるため、精子が子宮内へと到達しにくくなるのです。

これら3つの働きによって、トリキュラーは高い避妊効果を発揮します。
トリキュラーでは有効成分の含有量が効果が出るぎりぎりの量にまでおさえられているため、女性の身体にとっては負担の少ない経口避妊薬となっています。

この薬は、毎日継続して飲み続けることで効果が得られる薬です。
効果が現れてくるのは、飲み始めてからおよそ1週間くらい経ってからになります。
その後は、飲み忘れがなければずっと継続して避妊効果を得ることができます。

トリキュラー21とトリキュラー28、何が違う?

トリキュラーには2種類の製品があり、それぞれトリキュラー21とトリキュラー28という名前になっています。
これらの薬に含まれている有効成分やその含有量は同じであるため、得られる効果に違いはありません。
どちらの薬を飲んでも、同じように避妊効果を得ることができます。

それでは、これらの2種類の薬の違いはどこにあるのでしょうか。それは、薬を飲む際に休薬期間があるかどうかという点になります。
トリキュラー21が休薬期間をふくむ薬であるのにたいして、トリキュラー28には休薬期間がありません。

トリキュラー21の包装シートには、色の異なる3種類で21錠の薬がふくまれています。
それにたいしてトリキュラー28には、色と形の異なる4種類で28錠の薬がふくまれています。
このうち、白い色の大きな7つの錠剤については偽薬です。
偽薬というのは、有効成分がふくまれていないために薬としての効果がない偽の薬になります。

トリキュラー21を飲んでいく場合には、飲み始めの日から1錠ずつを、包装シートに番号が振られている順番で飲んでいきます。
これを21日間続けて1クールとします。
その後は7日間の休薬期間をもうけて、29日目からは次のクールの薬を飲むようにします。

一方のトリキュラー28を飲んでいく場合には、飲み始めの日から1錠ずつを、包装シートに番号が振られている順番に飲んでいきます。
これを28日間続けて1クールとします。トリキュラー28には、その後の7日間の休薬期間がありません。
29日目からは、次のクールの薬を番号順に飲んでいくことになります。

トリキュラー21もトリキュラー28も、薬を飲んでいく量と順番は必ず守らなくてはいけません。
これは、トリキュラーにふくまれている有効成分とその含有量が、錠剤の種類によって異なっているためです。
ただし、トリキュラー28の偽薬については飲んでも飲まなくてもかまいません。
これらの偽薬は、薬を定期的に服用することを習慣づけるために存在しています。

つまり、トリキュラー28というのは、有効成分や効果はトリキュラー21と同じでも、偽薬をふくめることによって飲み忘れをしにくくなるような工夫がされているのです。

トリキュラー21とトリキュラー28では、このように偽薬がふくまれているという点のほかに大きな違いはありません。
偽薬であるトリキュラー28の7つの白い錠剤をのぞけば、有効成分やその含有量は2種類の薬とも番号ごとに同一になっています。

通販で薬を購入するメリット、デメリット

低用量ピルのトリキュラーは医療用の医薬品であるため、通常はクリニックを受診して処方箋を書いてもらう必要があります。
しかし、最近では薬のネット通販も普及してきているため、トリキュラーはインターネットを通して購入することも可能です。
では、クリニックで処方してもらう場合とくらべて、通販のメリットとデメリットにはどんなことがあるのでしょうか。

まず通販で薬を購入するときのメリットとして、匿名性が高いという点をあげることができます。
インターネット通販では薬の処方箋が必要ないため、医療用の医薬品であっても購入することができます。
プライバシーが気になるような経口避妊薬のようなものであっても、誰にも知られずに薬が購入できることになります。

また、通販のメリットとしては、一般的に薬の購入価格が安いという点があげられます。
とくに個人輸入などを利用する場合、医療用の医薬品であっても、病院で処方してもらうのにくらべて安い価格で購入することができます。
海外製のものであれば、さらに安い価格で購入することができます。

そのほかのメリットとしては、いつでもどこでも薬が買えるという点や、口コミの評価などを参考にできるという点があります。
また、薬の添付文書なども掲載されていることがあるので、どんな効果や効能がある薬なのかを事前に確かめた上で薬を購入することができます。

一方で、通販で薬を購入することのデメリットとしては、医師や薬剤師などのサポートを受けられないという点があります。
クリニックを受診して薬を処方してもらうのであれば、一人一人の体調や現在飲んでいる薬などを考慮したうえで、最適な薬を処方してもらうことができます。
しかし、通販ではそういったサポートが一切受けられないため、薬の購入と使用はすべて自己責任ということになります。

ほかのデメリットとして、薬の安全性が確保できないという点があげられます。
ネット通販では医薬品の偽物が販売されていることも多く、よく確かめてから購入しないと、こういった偽物をつかまされてしまうリスクがあるのです。
また、偽物ではなくても正しい薬と間違えて別の薬を購入してしまう可能性もあります。

もう一つのデメリットとしては、薬を購入できる量が限られているという点をあげることもできます。
とくに海外から薬を個人輸入する場合には、最大で一ヶ月分までしか購入することができません。
クリニックで薬を処方してもらう場合には、最大で3ヶ月分くらいまでは処方してもらえることもあるので、薬を多く常備しておきたいという人にとっては個人輸入を利用した薬の通販は不向きです。

記事一覧

記事はありません

お探しの記事は見つかりませんでした。