トリキュラーは低用量ピルとして多くの女性の悩みを解決することができますが、ピルは消耗品なのでその度に病院まで行かなくてはなりません。毎回病院に行って処方してもらうのは手間だと思いませんか?トリキュラーは通販で簡単に購入することができるので、自宅にいてもトリキュラーを購入することができます。手間を省けるので非常にオススメな購入方法になります。

  • ホーム
  • アイピルとノルレボを徹底分析

アイピルとノルレボを徹底分析

元気を出す女の人

アイピルは避妊に失敗した場合に投与する緊急避妊薬(アフターピル)です。
アフターピルの先発薬ノルレボのジェネリック医薬品で、性交渉で避妊出来なかった事態においても、服用することで妊娠を回避することを可能にします。
避妊に失敗する事例としては、性交渉中に避妊具が外れてしまった例が典型的ですが、女性は次の生理が来るまでの期間を不安な気持ちで過ごさざるを得なくなります。
もちろん妊娠する可能性も多いにあるのです。
このような非常事態に服用して、避妊効果を期待するのがアフターピルのアイピルが持つ意義と言えます。

性交渉後72時間以内に服用すれば、実に95%の確率で所望しない妊娠を回避できるとされています。
時間が経過する補と避妊成功率は低下するので、時間が経過し遅いタイミングで服用することの無いように心がけるのが注意点になるわけです。
ただアフターピルを服用したからといって100%妊娠を阻止できるわけではなく、12時間以内でも約0.5%の妊娠率があり、24時間経過後には1.5%と3倍に上昇します。
とは言っても、可及的速やかにアイピルを服用することが望ましいのは明らかです。

服用の際は水かぬるま湯が望ましく、他の飲料と共に飲み込むのは避けるようにします。
これは水以外の他の飲料で服用すると十分な効果を発揮できないおそれがある為です。
なお、アイピルには副作用にも注意する必要があります。

特に多いのが吐き気や嘔吐だと言われています。
強い吐き気に襲われることもあり、服用後3時間以内ではもう一度飲まないと、避妊効果を発揮することが出来ないとされているので注意が必要です。
嘔吐以外にも腹痛や下痢などの消化管症状の副作用も比較的、多いと言われています。

ところでアイピルはノルレボのジェネリック医薬品ですが、効果に問題はないのでしょうか。
この点、両方の薬は共に有効成分にレボノルゲストルを含みます。
レボノルゲストルは世界保健期間の必須薬に指定されているほどなので、アフターピルとしてはアイピルは問題なく使用することが出来ると言えます。

アイピルやノルレボで避妊を失敗しないために

ノルレボやノルレボのジェネリック医薬品のアイピルは、正しく服用すれば高い確率で避妊の効果を得られます。
ただし場合によっては失敗してしまう危険もあるので、注意点は必ず確認しておくようにしましょう。

まず服用が遅いと避妊の成功率は下がっていきます。
ノルレボ・アイピルともに性交渉後、72時間以内には服用しておくのがベストです。
この時間を過ぎてしまうとさらに避妊成功率は下がっていき、服用したとしても意味が無くなってしまいます。
また、アフターピルは高い確率で嘔吐を起こしやすいのも注意したいポイントです。

嘔吐の副作用は急激にホルモンバランスが変わることで起こります。
ノルレボ・アイピルを服用してから2時間以内に嘔吐してしまうと、避妊するために必要な成分がまだ吸収されていないので、妊娠を避けることができません。
もし、服用してから2時間以内に吐いてしまったという場合は、再度飲み直す必要があります。
摂取してから3時間程度が経っていれば、成分は吸収されているので問題ありません。

場合によっては下痢を起こすこともあるようですが、この場合も有効成分は吸収されているので、服用するタイミングさえ遅くなければ高い確率で避妊できます。
ノルレボ・アイピルは錠剤なので、飲み物で服用する必要があります。

お茶などの飲料で飲んでも問題ないとは言われていますが、嘔吐しやすいということを考えると胃に刺激となるカフェインを含んだ飲み物は避けた方が良いでしょう。
医薬品の服用は水かぬるま湯が基本です。
もし嘔吐が心配であればアフターピルと一緒に、吐き気止めや酔い止め薬も服用する方法をおすすめします。
ノルレボ・アイピルはともに、このような薬と併用しても効果が落ちるということはありません。

関連記事