トリキュラーは低用量ピルとして多くの女性の悩みを解決することができますが、ピルは消耗品なのでその度に病院まで行かなくてはなりません。毎回病院に行って処方してもらうのは手間だと思いませんか?トリキュラーは通販で簡単に購入することができるので、自宅にいてもトリキュラーを購入することができます。手間を省けるので非常にオススメな購入方法になります。

  • ホーム
  • アフターピルってどんなピル?

アフターピルってどんなピル?

持たせるたくさんの薬

アフターピルは日本語に直すと「緊急避妊薬」といいます。
コンドームや通常のピルが避妊目的であるものに対し、アフターピルは避妊に失敗してしまった時に、望まない妊娠を避ける目的で使用します。

妊娠を望まない時の性交渉には、必ず避妊が必要です。
しかし、コンドームが破れていたり、途中で抜けてしまったりというアクシデントが起こることもあります。
また強姦による妊娠の可能性を避けるためにも、とても重要な役割を果たします。

アフターピルは、性交渉72時間以内に服用することで効果が期待できます。
アフターピルの中にはホルモン剤が含まれています。
ホルモン剤により体内のホルモンバランスが大きく崩れ、排卵を遅らせ、子宮内膜への精子の着床を阻害する働きがあります。

代表的な緊急避妊薬にレボノルゲストレルがあります。
日本で初めて正式に認められた緊急避妊薬であり、多くの婦人科で推奨されています。
服用回数が1回でよいので、飲み忘れや身体への負担も比較的少ないのが特徴です。

アフターピルは保険適用外ですが、婦人科クリニックなどで処方してくれます。
また、通販でも購入することができ、病院での処方が間に合わないケースに備えて、携帯しておくこともできます。

アフターピルには身体に急激なホルモンバランスの変化を与えるため、吐き気や頭痛などが起きる場合があります。
また血液を固まらせようとする働きがあるため、高血圧や糖尿病の方、1日に吸うタバコの量が多い方などの服用は注意が必要です。
妊娠中にアフターピルを服用してしまった場合の胎児への影響は報告されていませんが、母体にかかる負担のことを考慮し、医師への相談を行った方が安心です。

アフターピルの72時間以内での避妊率は約80%以上とされています。
24時間以内ではさらに避妊率が上がり、服用が早ければ早いほど効果が期待できます。
しかし、あくまでも100%の避妊を約束するものではなく、緊急時のみ使用するピルであることを忘れてはいけません。

アフターピルは事前に準備しておく!

アフターピルは「レボノルゲストレル」を主成分としている医薬品です。
レボノルゲストレルは女性ホルモンの1つ、黄体ホルモンと同じ作用を発揮します。
妊娠中やタバコを吸う本数が多いという人の場合、服用するのができませんが、持病がなく健康な女性であれば問題なく服用が可能なピルです。

アフターピルは必要になってから慌てて入手するのではなく、事前に準備しておく必要があります。
コンドームでの避妊が失敗してしまった時、また強姦など望まない性交渉を行った時などの場合、すぐにアフターピルを服用して妊娠を避けたいものです。

アフターピルは性交渉から約72時間以内に服用すると、高い確率で避妊の効果を得られます。
妊娠を望まない性交渉を行った後にアフターピルを購入するという場合、避妊が間に合わないかもしれません。
特にインターネット通販で購入するとなると、医薬品は海外から送られてくるので到着までの
時間も長く、服用までに時間がかかります。

アフターピルは日本国内の病院でも処方されているものの、健康保険適用外です。
病院で処方してもらった場合、高額な費用がかかります。
また病院の場合は前もって、アフターピルを処方してもらうということ自体が難しいようです。
インターネット通販であれば、かなりリーズナブルな金額でアフターピルを購入できますし、前もって買って準備しておくこともできます。

緊急避妊薬とも言われているとおり、アフターピルは緊急時に服用しなければいけない薬です。
「自分には必要ない」と思っていても、いつ強姦などの被害に遭うか分かりません。
自分の体を守るためにも、お守り代わりにアフターピルをバッグやお財布の中などに忍ばせておきましょう。

関連記事