トリキュラーは低用量ピルとして多くの女性の悩みを解決することができますが、ピルは消耗品なのでその度に病院まで行かなくてはなりません。毎回病院に行って処方してもらうのは手間だと思いませんか?トリキュラーは通販で簡単に購入することができるので、自宅にいてもトリキュラーを購入することができます。手間を省けるので非常にオススメな購入方法になります。

  • ホーム
  • トリキュラーにはどんな注意点がある?

トリキュラーにはどんな注意点がある?

たくさんの薬

トリキュラーは女性に人気の高い薬ですが、良い効果を発揮させるためには正しい飲み方を守ることが大事です。
まずトリキュラーには21と28がありますのでそれぞれの違いを理解し正しい服用方法を守りましょう。
21の場合は21日間薬を飲んだらその後は7日間の薬を飲まない休薬期間があります。

28の方はお薬を飲まない期間はなく、28日間飲み続けたらまた新たなサイクルで28日間飲むようになっています。
最後の7日間は飲み忘れを防ぐための偽薬となっていますので、もしも飲み忘れてしまった場合にも特に効果に影響はありません。
いずれの薬も飲み忘れを防ぐことが大事ですので決まった時間に飲むことがおすすめです。

薬は食前に飲むタイプと食後に飲むタイプがありますが、トリキュラーの場合はどちらもでも構いません。
万が一飲み忘れてしまった場合は気づいたときに服用し翌日も通常通りの時間に服用します。

薬はどんなものでも副作用がありますので服用前には理解しておくことも大切です。
起こり得る副作用としては嘔吐や頭痛、不正出血、下腹部痛、乳房緊満感などがあげられます。
個人差はありますがたとえ軽度のものであっても服用後に変化を感じた場合は医師に相談しておきましょう。
服用をやめることで改善されることが多いですが、副作用が長く続く場合は早めに相談することがおすすめです。

このほかの注意点では重大な副作用として血栓症があげられます。
起こり得る症状としては下肢のむくみや息切れ、激しい胸痛や頭痛などがあげられます。
頻度は少ないとされていますが、こうした症状が出た場合は速やかに診察を受けるようにしましょう。

トリキュラーの服用の注意点には心臓血管障害のリスクが高まる40歳以上の女性の服用があげられますし、さらに喫煙者、血栓症のリスクが高い肥満症の人などもあげられます。
この他でも健康状態によっては服用がふさわしくない場合もあります。
安全に服用するためにも処方の際は健康状態は正しく医師に伝えておきましょう。

トリキュラーの服用方法と副作用は?

トリキュラーは服用方法を守って飲むことが効果を得るためには大切なことです。
トリキュラーは世界中で女性に処方される経口避妊薬のひとつで、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの女性ホルモンにより避妊が期待でき、生理不順に対しても生理周期を整えることが期待できる薬です。
トリキュラーの服用方法は1日1錠です。
特に注意点として食前や食後は関係なく決まった時間に服用することです。

毎日同じ時間で24時間おきに飲むことでトリキュラーは血中のホルモンを一定に保つことができるので、避妊効果が得られます。
服用する決まった時間より12時間を超えて遅くならないようにします。
トリキュラーには21と28がありますが、21は21日服用した後は7日間服用をやめる期間で、服用をやめる期間が終わったら次のシートの1日目から服用します。
28は21日間服用したら、ホルモン剤の含まれない偽薬を7日間服用しますが、28の偽薬を飲むのは飲み続けるという習慣づけのためなので21と28の違いに大きい差はありません。

トリキュラーは決まった時間に服用することがポイントについてです。
飲み忘れた場合や決まった時間よりもずれる場合は、24時間以内の翌日までに気づいたら飲み忘れ分を服用して、その次の日の分も通常通りに決まった時間に服用します。
12時間以内であれば避妊の効果は継続しています。2日以上連続で飲み忘れがあった場合は服用をやめる必要があります。

この場合は医師に相談して次の生理から新しいシートを1日目から服用します。
トリキュラーは副作用が少ない薬で避妊以外にも生理周期を整える効果も期待できますが、報告のある副作用には吐き気、頭痛、蕁麻疹などがあるので症状を感じた場合には医師に相談します。
さらに頻度不明の血栓症という大きな副作用があらわれることがあり、肺、心臓、脳などに血栓症があらわれます。
急な息切れ、激しい頭痛などの症状があるので血栓症の副作用は極稀ですが異変に気づいたら服用を止めて至急病院を受診して医師の診断を受けましょう。

関連記事